男子400mリレーで銀!!に鳥肌

2016年8月20日

連日盛り上がっているリオオリンピック。なかなかタイムリーには見られなくて、ほぼニュースでその結果を知ったり再放送で見ることが多いんですが、びっっくりしたのが男子陸上の400mリレー。

日本が銀メダルをとったと知って、速攻でその動画を探して見て涙が出ました。

陸上って、どちらかというとマラソンなど長距離のほうが日本は強いイメージがあり、実際のところ100mなど短距離ではなかなかメダルから遠いところにいたんですよね。

でも、前回の北京五輪ではリレーで奇跡の銅メダル、これに続いて、今回のリオオリンピックではなんと銀メダル!!!3走者の桐生選手の追い上げも凄かった!

ノーカット 400mリレー決勝! 【動画】

陸上競技の短距離は、長く過酷な練習をしてきても、大会ではものの十数秒で結果が出てしまう競技。

それだけに、瞬発的に自分の力のすべてを発揮しなければならないし、野球やテニスなどほかの競技のように、次の回、次のセットに取り返せばいい、ということの効かない競技。

今回のリオ五輪では、どのスポーツの戦いでもたくさん感動させてもらったけど、陸上は自分もやってたという事もあり凄さが分かるだけに、この37秒のレースには鳥肌が立ちました。

今回の五輪で、日本はアジア新記録の37秒60を出したそうです。2020年はどうなってしまうんだろう...ワクワクしますね!山縣亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手、本当におめでとうございます!!そして感動をありがとう!

Prev > 逆取材?

Next > 燃えるような紅葉に、萌えています

関連記事

ページの先頭へ戻る