伊藤 みか

ダイヤモンドライフ 伊藤みか

DiamondLife合同会社 代表。

学生時代は陸上部に所属。小~高校までの8年間は、陸上に青春を注いでいました。 高校卒業後は、夢だったホテルウーマンとして働くために、 ホテルの専門学校へ入学。2年後、念願だったホテルウーマンとして大好きな接客業に就きました。

その後、不動産に転職。結婚を機に退職し、夫の職場のある沖縄へ移り住む。 仕事を探すが、当時 失業率トップ1だった沖縄県ではなかなか仕事が見つからず、 貯金を切り崩しながら節約生活をする日々が半年続く。

起業のキッカケは、「手に職が欲しい」と思った事

仕事が見つからないなら、手に職を持とうと考えはじめ、 様々な仕事や資格を探している時にインターネットの可能性に気づき、2004年にパソコンでの仕事を模索する。 タイピングは出来るものの、HTMLの知識は一切無かったため、 まずは本を買って独学で学び始める。

もともと文章を書くことが好きだったという事もあり、2005年、日記感覚で始めたブログが 数ヶ月で人気ブログとなり、「人気ブログランキング」では常に上位を独占する人気ブロガーに。

2005年 秋、ブログの集客力とライティング能力を認められ インターネットビジネスのラーニングスクールの講師の一員に抜擢される。

2006年 離婚。沖縄から地元に戻り、広島に拠点を移して独立。個人事業主「Diamond Life」としてスタートする。

起業から3年、天職との出会い

様々なビジネスモデルにチャレンジし模索する中で、自分が心から「これだ!」と思う形を見つける。

それが、自らのUSPである 文章表現力・集客力(メディア力)と インターネットの持つ限りない可能性を生かして、地元・広島を盛上げるWEBサイトを作ること。

こういったメディアを始めようと思ったキッカケは、自分自身が地元のことを知ら無すぎたから。
沖縄で暮らしていた時、沖縄の友人はみな地元のことが大好きでした。 地元を誇りに思い、地元の良い所を数えきれないほど挙げられるのです。

私も地元の事は好きでしたが、「広島のどこがオススメ?」「何が美味しい?」と聞かれても、 他県民でも知っているような事しか答えられないことに気づいて、ハッとしました。

「せっかく地元に帰って起業するのだから、ちゃんと広島の事を知って、地元をもっと楽しみたい」

個人事業主として独立して3年目の2009年。妹・伊藤みさというパートナーを得て、 私達は「広島ニュース 食べタインジャー」というメディア運営をスタートしました。

その後、2013年9月に法人化。メディア運営を基盤に、ホームページ制作など少しずつ活動範囲も広がっていき、現在に至ります。

夢と目標

今では、誰もが当たり前のように気軽にSNSなどでインターネットを利用する時代ですが、 私がWEBで仕事をすると決めたときはまだ、スマートフォンもない時代でした。

それから10年。インターネットの世界は凄まじいスピードで進化し続け、当時の私には想像もできないくらい進化した世界が、 いまの「当たり前」になっています。

パソコンで仕事をするようになってから数年は、相手(お客様)の顔が見えないインターネットという世界で仕事をしていくことの難しさや 怖さなども感じながら、手探りで走り続けてきましたが、

今ではインターネットとオフラインを融合させ、色んな人達とも関わらせて頂きながら、 日々たくさんの発見の中で仕事が出来ていることを幸せに感じています。

将来的には、 “光が当たっていないだけで知られていない” 世界のモノや場所など、埋もれている地なども旅しながら、 私達のメディアで光を当てていき、それが「何かが動き始める」キッカケになれたなら。そんな存在に成ることが私の夢であり、目標です。

ダイヤモンドライフの運営スタッフ